DL基礎講座

ディープラーニング基礎講座
パート5 【ニューラルネットワーク】 誤差逆伝播法 後編

↓画像のクリックでダイジェスト動画(5分)を再生

シグモイド関数

パーセプトロンが解けない線形分離不可能な問題を解くためには複数パーセプトロンを階層構造で構成する。このときのパラメータを学習するかが問題になるが、出力信号yと教師信号の誤差を伝播することで解決するのが誤差逆伝播法である。後編では、中間層をもつネットワークへの対応と誤差を伝播法の全般のまとめを解説する。

トピックス

  • ニューラルネットワーク
  • パーセプトロン
  • 線形分離可能な問題、線形分離不可能な問題
  • 中間層をもつネットワークへの対応(1つの出力)
  • 中間層をもつネットワークへの対応(複数の出力)
  • 誤差を伝播法 まとめ

など