AI-CAN 機械学習

機械学習基礎講座

書籍「つくりながら学ぶ! 深層強化学習(マイナビ出版)」や、雑誌Software DesignのAI技術記事などを執筆している電通国際情報サービス 小川雄太郎 氏によるオンライン研修です。​

概要から「ロジスティック回帰」「最小二乗法による線形回帰」「KMeansによるクラスタリング」 「主成分分析(PCA)による次元圧縮」「SVMによるクラス分類」など主要な機械学習手法の実装方法とアルゴリズムを丁寧に解説します。Google ColaboratoryによるPyhonプログラミング環境で、scikit-learn, pandas, numpyなどの代表的なライブラリを使って、実際に手を動かして初心者でも作りながら理解できるハンズオン形式の動画講義です。初めてAIを学ぶ技術者の方にもおすすめです。

料金:パート1とパート3 が無料 全8パートで おひとり 30000円
無料コースに申し込む

AI-CAN 機械学習基礎講座 構成

1. 機械学習概論(動画35分)
AI・機械学習とはどのようなものか、主な手法はどのようなものがあるか などの概要をわかりやすく解説。動画のみハンズオンなし。無料コース。
無料コースに申し込む

2. AI・機械学習プロジェクトの進め方(動画118分)
機械学習プロジェクトの特徴、必要なスキルや体制、PoCなどを解説するAI-CAN独自のコース。動画のみハンズオンなし。料金は1-8の全部入りで30000円。
お問い合わせ

3. ロジスティック回帰(動画55分+ハンズオン)
架空の顧客データを使って、Python と scikit-learn ライブラリで、ロジスティック回帰による顧客抽出を行います。ハンズオンあり。無料コース。
無料コースに申し込む

4. 最小二乗法による線形回帰(動画約50分+ハンズオン)
株価や商品売上といった数値の予測によく使われる最小二乗法による線形回帰を学習します。ハンズオンあり。料金は1-8の全部入りで30000円。
お問い合わせ

5. 主成分分析(PCA)による次元圧縮(動画約80分+ハンズオン)
データの次元圧縮に用いられる主成分分析(PCA:Princial Component Analysis)と呼ばれる手法を解説。ハンズオンあり。料金は1-8の全部入りで30000円。
お問い合わせ

6. KMeansによるクラスタリング(動画約37分+ハンズオン)
クラスタリングを行うためによく用いられるアルゴリズム「KMeans」を学習します。ハンズオンあり。料金は1-8の全部入りで30000円。
お問い合わせ

7. SVMによるクラス分類(動画約50分+ハンズオン)
教師あり学習の分類課題で使用されるSVC(Support Vector Machine Classification)について解説。ハンズオンあり。料金は1-8の全部入りで30000円。
お問い合わせ

8. モデルの性能評価(動画約58分+ハンズオン)
「PoC(概念実証)」フェイズで行う、「データ加工」「MLモデル構築と評価」を実装を目的とした講義。ハンズオンあり。料金は1-8の全部入りで30000円。
お問い合わせ

使用スライドの例

ロジスティック回帰
AI研修なら AI-CAN (アイキャン)
お問い合わせ

ディープラーニングとは